Windows Vistaの4つのエディションはどれを選んだらよいか?

スポンサードリンク

Windows Vistaの4つのエディションはどれを選んだらよいか?
Windows Vistaは高速化やセキュリティ向上などの基本機能はすべてに搭載されるが、ビデオ編集などのエンタテインメント用のアプリは高度なバックアップや暗号化はビジネス系だけの機能となっている。
安価なHomeBasicは魅力的な新機能の多くが省かれているのであまりお薦めしない。趣味にも仕事にも活用したいとなれば、全部入りのUltimateを選ぶのがいいかも!!
後々Ultimateヘアップグレードできるので、HomePremiumやBusinessで様子を見るのも良いかもしれない。

  HomeBasic HomePrmium Buisiness Ultimate
アップグレード版(価格) 1万4490円 2万790円 2万7090円 3万3390円
DSP版(価格) 1万1980円 1万4980円 1万7980円 2万7980円
基本機能 64ビット版で対応可能な最大メモリ容量 8GB 16GB 128GB 128GB
2CPUソケットのサポート × ×
Windows Difendrなどのセキュリティ機能
SuperFetchやReadyBoostなど高速化機能
操作性 インデックスを用いたクイック検索
エアロ(半透明化やフリップ3D) ×
保護者こよる機能の制隈 ×
音声認識による操作と文字入力
マルチメディア Windowsメディアセンター × ×
WindowsDVDメーカー × ×
WindowsムービーメーカーHD × ×
Xbox360と連携したホームネットワーク × ×
ビジネス向け シャドウコピーによるデータの復元 × × ×
ファイルの定期バックアップ ×
システムのイメージバックアップ × ×
BitLockerによるドライブ暗号化 × × ×

DSP版とはパーツ(FDドライブ)などとセットで販売され、同時使用することが条件となる販売形態。主に自作パソコン向けの版で、専門ショップなどで購入できる。表の価格はいずれも参考実売価格

スポンサードリンク

関連ページ

  1. Windows Vistaの4つのエディションはどれを選んだらよいか?
  2. 今使用しているパソコンでVISTAは動くのか?
  3. Windows Vistaの64bit版と32bit版の違いは?
  4. ライセンス認証について
  5. アツプグレードと新規インストールはどちらを選択したらよいか?
  6. Windows Vistaのアップグレードできるない組み合わせ
  7. 古いPCからVistaマシシにデータを移行する
  8. 周辺機器のドライバーは新たに必要?
  9. XPの機能を保ったままWindows Vistaの動作を確認する方法
  10. デュアルブート環境でのXPの削除の仕方
  11. デュアルブートで普段使うOSを自動起動させる方法