デスクトップのデザインをカスタマイズ

スポンサードリンク

XPのデスクトップは明るくポップなイメージだったのに対し、Vistaは黒を基調としたカラーリングで落ち着いた雰囲気になった。初期設定でも十分にかっこいいのだが、自分なりにカスタマイズしてみよう。

デスクトップのカスタマイズ

コントロールパネルを開き、「デスクトップのカスタマイズ」→「個人設定」の順にクリックしよう。インターフェースをカスタマイズするための項目はすべてここにまとめられている。注目は、なんといっても「エアロ(WindowsAero)」の半透明のウインドウ(HomeBasicは非対応)。

ウインドウの色とデザイン

「ウィンドウの色とデザイン」をクリックすれば、透明度を調節したり、ワクの色を変えることもできる。

壁紙

また、壁紙を変更するには「デスクトップの背景」をクリック。ほかにも、スクリーンセーバーやサウンドなどを自由に設定できるので、自分好みのデスクトップを作り上げることが出来る。

スポンサードリンク

関連ページ

  1. デスクトップのデザインをカスタマイズ
  2. サムネイルのサイズを自由に変更する
  3. メニューバーが見つからない場合
  4. Windows Vistaのマイドキュメント
  5. Windows Vistaのシンプルなスタートメニュー
  6. Windows VistaのCドライブフォルダ構成の変化
  7. Windows Vistaの大幅に変わったコントロールパネル
  8. Windows Vistaは見やすいフォントが追加された
  9. たくさん開いたウインドウを簡単に切り替える
  10. 文字やアイコンを大きくする
  11. お気に入りのリンクの変更方法
  12. キーポードやマウスを使わず音声で操作する
  13. Windows Vistaのエアロを無効にする
  14. Windows98のようなシンプルなデザインに替える