• HOME
  • Windows Vistaのインターフェイス

Windows Vistaのインターフェイス

スポンサードリンク

デスクトップのデザインをカスタマイズ

XPのデスクトップは明るくポップなイメージだったのに対し、Vistaは黒を基調としたカラーリングで落ち着いた雰囲気になった。初期設定でも十分にかっこいいのだが、自分なりにカスタマイズしてみよう。

サムネイルのサイズを自由に変更する

Windows Vistaの新インターフェースの特徴は、見た目だけではない。操作性を向上させるための工夫が随所に盛り込まれている。そのひとつがサムネイルのサイズを自由に変更できることです。

メニューバーが見つからない場合

Windows Vistaは画面を広く使うため、ソフトやウインドウはメニューバーを省略している。

Windows Vistaのマイドキュメント

XPまでは「マイドキュメント」にすべてのデータをまとめるのが原則だったが、Vistaでは「ユーザーのフォルダ」という新しい概念が登場。

Windows Vistaのシンプルなスタートメニュー

スタートメニューを開くと、よく使うソフトの一覧が表示されるところはXPと同じ。だが、「すべてのプログラム」にマウスポインターを合わせると

Windows VistaのCドライブフォルダ構成の変化

XPではCドライブの「Documents and Settings」フォルダの中にユーザー別のフォルダがあり、そこにデータや設定が保存されていた。

Windows Vistaの大幅に変わったコントロールパネル

Windows Vistaはコントロールパネルのデザインが大きく変更された。よく使う項目は最上位の階層にまとめられており、ほとんどの変更は1回のクリックで設定画面が開く。

Windows Vistaは見やすいフォントが追加された

Vistaには、ディスプレイでの読みやすさを考えてデザインされた「メイリオ」という新しいフォントが追加された。

たくさん開いたウインドウを簡単に切り替える

強力になったVistaのグラフィックス機能を活用して、ウインドウを迷うことなく切り替えるための機能「エアロ」が搭載された。

文字やアイコンを大きくする

Vistaでは画面の文字の大きさを自由に変えられる。デスクトップのカスタマイズ→「個人設定」を開き、「フォントサイズ(DPI)の調整」を選び、設定画面で「大きなスケール」を選択。

お気に入りのリンクの変更方法

フォルダのウィンドウの左側には「お気に入りのリンク」というメニューがあり、リンクをクリックするとよく使うフォルダへすぐに移動できる。

キーポードやマウスを使わず音声で操作する

両手がふさがっていて操作できない1そんなときは新ワザ「音声認識」を使おう。 「音声認識オプション」を開き、「音声認識の開始」をクリック。

Windows Vistaのエアロを無効にする

Windows Vistaの半透明のウインドウやサムネイル表示の切り替え画面など「エアロ」の新機能は魅力だが、性能が低いマシンではCPUやメモリーの負担が大きい。

Windows98のようなシンプルなデザインに替える

Windows98のようなシンプルな画面の方が慣れてるという人は、デザインに切り替えることもできる。

スポンサードリンク