• HOME
  • Windows Vistaの使える新機能

Windows Vistaの使える新機能

スポンサードリンク

Vistaの強力な検索機能で必要なファイルを素早く探す

Vistaの強力な検索機能はスタートメニューの検索ボックスに語句を入力すれば、その言葉を含むファイルやメールが瞬時にリストアップされる。

検索結果を絞る

スタートメニューの「検索」をクリックして検索画面を開く。さらにツールバーの「高度な検索」をクリック左の画面になる。

Dドライブにあるデータも検索する

標準で検索されるのはユーザーフォルダ内だけ。

コントロールパネルを素早く開く

Vistaのコントロールパネルは、検索ボックスにコマンド名を打ち込めば、プログラムも実行できる。

写真をキーワードで検索する

検索機能では、音楽や画像のファイルに埋め込まれた「タグ」という属性情報もインデックス化される。写真もキーワードで検索できる様になる。

検索条件を保存して仮想フォルダとして使用する

検索を行うと、ツールバーに「検索条件を保存」というボタンが現れる。

Windows Vistaのバックアップ機能

Vistaには高機能でわかりやすいバックアップ機能が搭載されているので、かんたんな操作で重要なデータをバックアップできる。

Windows Vistaの自動バックアップ機能

バックアップ忘れを防ぐには、一定の期日に自動的に実行しておくのが安心できる。

2台のパソコンを同期させる

外出先にノートPCを持っていく前にデスクトップPCのデータを同期させたい場合は「同期センター」を使うと便利。

パソコンを起動せずに新着メールをチェックする

携帯電話では背面のサブディスプレイでメールの着信などを確認できるが、Vistaにもこれと同じような機能を実現する「WindowsSideShow」が追加された。

Wisdows Vistaでスパイウエアを防ぐ

ウイルスよりも危険な存在になりつつある「スパイウエア」。パソコンに入り込み、パスワードやカード番号などの情報を盗み出す。

Windows Vistaの新メールソフトで迷惑メール対策

Windows Vistaの新メールソフト「Windowsメール」。

USBメモリーでデータを持ち出されるのを防ぐ

USBメモリーなどが大容量・低価格化したことで、データを簡単に持ち出されるリスクも増えた。Vistaでは外部記憶装置の利用を禁止できる。

共有PCで他の人にデータを見られないようにする

号化したいファイルを右クリック。プロパティ画面で「詳細設定」ボタンを押し、「内容を暗号化~」にチェックを付ける。

スポンサードリンク